なないろのゆりブロ

百合系創作サイト「なないろのゆり」の更新情報などを中心に書いていくブログです。こちらはひとことおまけがつく仕様すのでよろしくお願いします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# あなたの存在


最近ふっと「あなたの存在」というキーワードが頭に浮かんできて、なんだったかな〜なんかの歌詞かな〜マンガの台詞だったかな〜と悩んでいたのですが、思い出しました。ウルトラ昔に聴いた某アイドルの曲でした。

曲がリアルタイムだったころは、おそらく絶対にその歌の歌詞の意味とかわかってたはずがないのに、今になってふっとその内容がよみがえってくるのですから人間の記憶というのはおそろしいもので。

しかし改めて探して聴き返してみたら驚くほどの名曲だったもので。
この週末、それをテーマにまたSSでも書こうかなと、そんなことを考えました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:31 | category: LO-SVC |
# 涼しげな感じで


久しぶりにL&O SVUの検事さんたちで。

金髪・碧眼・メガネ・スーツ・インテリが黄金率として大好きな私でありますが、加えて目元が涼しげであるともっとよいということに気づきました。

残酷なことも感動することも、さらっと言えてしまって後を引かせない切れ味を持つ人とでも言いますか。

熱くるしいのと冷たすぎるのとの中間よりもやや下側の、ちょっとだけ涼しいくらいの雰囲気がよいのだと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:29 | category: LO-SVC |
# 敵もさるもの


一コマイラストに戻しました。マンガの更新もそろそろしたいところです。

私は業務でパソコンを使用するのですが、同じ画面を覗き込むというシチュエーションは親しい人とはありがたいし、あまり親しくしたくない人とは抵抗感のあるものです。近くなりすぎるんですね。

メインで画面に向き合ってる人が前だけに集中している間に、こっそり後ろから距離を縮めたりとかもよくある場面な感じがします。

きれいな人二人でやってもらうと、見ている方はちょっと幸せになれます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:25 | category: LO-SVC |
# 不眠症または眠れない夜


L&OのS4の中の話ですが、キャサリンメーニッヒの演じる性同一性障害の男性(!)を男性刑務所に送ったあとで、アレックスが自分の部屋のベッドで寝転んで考えごとをしているふうなシーンが一瞬だけあります。

そのシーンがなんとも言えずに非常にツボな絵面だったりします。

不安だったり後悔だったり、普段強気に見える人が一人になったときに沈み込むような考え事をするというシーンには非常に心惹かれます。

日常では他人からは見えない場面ではあるんですけれどもね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:29 | category: LO-SVC |
# 微妙な距離感


近づきすぎるでもない、よそよそしくもなし、微妙な距離を保っている感じが好きです。

もう一歩踏み込みたいような、そうなるとあとに戻れなくなるような、そのギリギリの危うさがあるような関係というのは、なかなかあるもんでもないような。

お互いにほぼ全く同じような感情を覚えていないと出せない距離感だからでしょうか。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:19 | category: LO-SVC |
# オフィス系ソフトにはありがちな光景


でもないですかかたつむり

そういう目で見てるからかもしれないですけど、パワーポイントとかでプレゼン用の素材を探しているとワンカットものでいい感じのいちゃいちゃ感のあるものにあたることがあったりします。

いちばんいちゃってるのはエステとか温泉旅行関係ですけどね。

個人的にはやっぱオフィス内でまじめに話をしてるふうなんだけど体の距離感が妙に近いとかが好きです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:24 | category: LO-SVC |
# 長続きしない仲


付き合って長くなると似てくるのか、それとも似てるから付き合いたいと思ったのか。
というのはそれぞれの事情によるのかどうか。

私でしたらあまりにも自分と似ているものを持っている人とはあまり親密になりたいとは思いませんが。

ところでLOでオリビアが元カレに復縁をせまられたとき、
「振り回されるのは仕事だけで十分」
という文句で断っていたシーンがあったんですが、同人的な見方をすると結構意味深ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:30 | category: LO-SVC |
# 年長者の意見としては


同じ年上の人にさとされるにしても、腹が立つときとそうでないときがあるのですが、その差は一体どこにあるんだろうかと考えてみました。

結論としては、誰にでもわかりきっているような当たり前の道徳とか常識をしたり顔で言われるのが嫌なので、一見命令のようでもあるけれどもそうした方が役に立つのだという方法を教えてもらうというのは良いみたいです。

まあ、年上とか関係なく、自分が全く損をしない状態で他人に偉そうに指図する態度はよくないですけど。

尊敬できる年上がいるというのは人生の財産な気がします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:19 | category: LO-SVC |
# それが運命なら


なんでも最後は運命まかせってのも面白くない流れですけれどもね。

何かがおかしいのだけれども、そのおかしい中にいる自分がおかしいと気づくのはそれなりの理由があるという。

話変わりますけれども、つい最近某大学の教授陣の随想集みたいな本を手にする機会がありました。

最初の1ページ目から日本語が書いてあるのですがどういう意味かわからないという不思議な文章でした。
よ〜く一単語ずつ考えて読めば意味がわかってくるのかもしれませんが、考えるのが面倒でやめました。
きっとこういう人たちは日々こういうふうにものを考えているのだろうなと思いました。

思うこと・伝えること・理解すること、なんてのは個人個人別の次元でやってるだけのことなのかもしれません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:32 | category: LO-SVC |
# やろうと思えばね


やろうと思えばやれるけどやらないだけ、というと逃げ口上にも聞こえますが。

できることをだからといって全部やらなくてはいけないかというとそうでもないわけでして。

これも言う人によってよくも悪くもとらえられる言葉ですね。

ということでアレックス。

4月からシーズン6がスタートするということで。
今からワクワクしてます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:31 | category: LO-SVC |
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
その他のリンク
過去の作品をアップしています
Search this site
Sponsored Links